色々なレビューを自由気ままに本音で投稿しています

WE ARE YOUR FRIENDS


WE ARE YOUR FRIENDS

評価:★★★★☆

EDM版の8マイルっという評価をしている人がいましたが、私はトムクルーズ主演の名作「バーテンダー」の今風っというようにも感じました。
若いDJが、有名DJに気に入って貰い、チャンスや環境を与えてもらいながらのし上がっていくのかなっと思ったら、
女性関係が絡んで喧嘩になって、仲間の死を乗り越えて、覚醒するっていう感じのストーリです。
簡単にいえば!

でも、そんなに無駄なシーンもなく長さも90分弱なので、テンポよく最後まで見れます。
DJが何を考えて場を盛り上げているのかなども学べたり、トラックメイクのやり取りなんかも、見てて面白かったです。
BPM120からスタートして、1曲変わるごとにBPMを少しづづあげていく。
128は魔法のBPMだ!
っというシーンが好きでした!

スマホに録音された会話をサンプリングして、最後の曲が出来上がるのですが、吹き替え版だとその会話も日本語になっています!
会場を盛り上げるための煽りも日本語になっています!(somebody scream!的なやつ)
それがちょっとダサイのも面白かったです!
この映画を見たキッカケも、タイトルとジャケットのダサさに惹かれたからです!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr