色々なレビューを自由気ままに本音で投稿しています

ターミナル


ターミナル

評価:★★★★★

これは文句なしの100点映画です。
こんなに退屈しないで最初から最後まで楽しめて、後味も良い映画はなかなかないです。

自国を出国して、アメリカに到着するものの、入国直前に国が内紛でなくなってしまい、入国を拒否された男性の話です。
国籍がなくなってしまうので、どうしても入国出来ないのですが、帰国することもできず。
また、男性には目的があるので、どうしても入国したい。

結果、空港のターミナル内で仕事見つけて生活を始めるのですが、英語も最初はしゃべれないので、
カートを所定の位置に戻すことで1台につき25セントを得るところから始めます。
毎日ニュースを見たり、1冊の観光ガイドを読みながら英語も習得していきます。

こういう人間力があるのって本当に大切だし、こういう人や考え方が本当に大切だと思います。

最終的に、内紛が終わって、1日だけアメリカにも入国するのですが、そこで映画は終わりではなく、
そのあとジャズクラブにサインを貰いに行くところまでストーリーがあるのが、また良いです。
なぜ頑なに、自国への強制送還等をせず、最後まであきらめずに入国をしようとしたのか、という点があるからこそ、
この映画は矛盾がなくなるんだと思います。

※視聴から半年経って書いてます。細かい点違ってたら、すいません・・・

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on Tumblr